カンタン診断で似合う色を発見!パーソナルカラーをもっと活用する方法

ブルーベースとは

ここでは、「ブルーベース」といわれる肌タイプについて詳しく説明しています。

ブルーベースとはどんな肌なのか、どんな色が似合うのかを見てみましょう。

ブルーベースとは?

青みの強い、涼しげな肌色の方は「ブルーベース」と呼ばれる肌タイプになります。似合う色(パーソナルカラー)も、このブルーベースが基礎となります。

ブルーベースは欧米人に多いタイプです。とはいえ、日本人にもブルーベースに属する人はいます。黄みの強いオークル系ファンデーションを塗ると浮いたような感じがしたり、顔が大きく見えるといった不都合な結果になってしまうことがあるのが特徴です。オレンジ系やベージュ系のリップがしっくりこない人もこのタイプです。

ブルーベースの肌の特徴

  • 黒目の色や髪の毛の地毛は、茶色よりも黒に近いと思う
  • アクセサリーは、ゴールドよりもシルバーが似合う
  • 日焼けをするとすぐに真っ赤になる。日に焼けても色の戻りが早い。
  • 似合う服の色は、モノトーンやグレー系のものが多い
  • 髪の毛を明るく染めると似合わない。派手な感じがする
  • 手首の内側の血管が青っぽいor赤っぽく見える
  • 手をぎゅっと握りしめてパッと離すと、赤やローズピンクの色が残る

上記のような特徴に当てはまる場合は、ブルーベースの可能性が高いです(ただし、黄みの強い肌色の方もブルーベースの方はいるので、あくまでも参考までに)。

パーソナルカラーがブルーベースの方は、髪の毛は黒系かアッシュ、ピンク系の茶色などが似合うとされています。洋服を選ぶ時にも、青系やグレー系を選択すると良いでしょう。

ブルーベースに似合う色を選ぶには?2つのタイプをチェック!

ブルーベースの肌の方は、パーソナルカラーでは「サマー」と「ウィンター」に分類されています。

サマー(高明度・高彩度のブルーベース)

サマータイプの人は少し青白く見える肌色が特徴です。色白さんでない方も肌に黄色の色味が少なく、寒い時などに頬が赤くなりやすいようです。目の下にクマができやすいという特徴も持っています。

このタイプの肌の方は、少しけむったようなダスティでソフトな感じの夏を感じさせる色、柔らかで優しい色調のものを参考に色選びを行うと良いようです。特に、ラベンダー色との相性はとてもいいとも言われています。

フェミニン・清楚・上品・優しい・ソフト・穏やか・涼しげ、といった印象を持っている人が多いグループです。

基本としては、ピンク系統の色を選ぶのがポイントになります。サマータイプの方は、オレンジ系の色を使うと肌が少しくすんで見えてしまいますから、肌をきれいに見せたい時や特別な日には、ピンク系の色にポイントを置いて選ぶようにすると失敗が少なくなると思います。また、強いはっきりした原色よりも、ふんわり優しいパステルカラーを使ったほうがしっくりくるようです。

サマータイプの特徴

目元が優しく穏やかなイメージ・皮膚が薄く毛細血管が見えやすい・暖房のきいた部屋では顔がほてる・白目と黒目のコントラストがソフト、虹彩が明るく瞳孔がよく見える

サマータイプの代表的な色

スカイブルー・ラベンダー・ブルーグレー・ローズレッド

≫サマー(夏)タイプに似合うメイク・ファッションをもっと詳しく!

ウィンター(低明度・低彩度のブルーベース)

ウィンタータイプの人は、黒目と白目のコントラストがはっきりとしており、髪の毛もしっかりした黒、という方が多いようです。色白の方から色黒の方までいますが、色白の方の場合は白人のように透けるような白さの肌の方もいるようです。

この肌タイプの方は、目力の強い人が多いのも特徴なので、カラー選びの際は色数を少なくグラデーションを楽しむのもおすすめです。全身真っ黒なコーディネートが似合ってしまうのは、このタイプの人の大きな特徴です。

モノトーンやメタリックカラー、シルバー系のカラーはとてもお似合いになります。

目の周りのラメやパールは大粒のものでも大丈夫でしょう。

原色や原色に近い色、ロイヤルブルーなどのビビットな色の服もウィンタータイプの魅力を引き立ててくれます。

ウィンタータイプの特徴

皮膚に厚みがあって血色はあまりよくない・陶器のような肌・シャープで強い印象の目元・虹彩が暗めで瞳孔は見えにくい・ツヤのある黒髪

ウィンタータイプの代表的な色

黒・白・ロイヤルブルー・マゼンタ・ワインレッド・グレー 

≫ウィンター(冬)タイプに似合うメイク・ファッションをもっと詳しく!

ブルーベースの方は、サマーもウィンターも青みがかったピンクがとても似合うのがポイントです。逆に、キャメルやオレンジ、ベージュなどは少し使いにくいかもしれません。色の組み合わせや顔立ちなどによっても異なりますが、使ってみて血色が悪く見えるような色は苦手な色ということなので、そういった色を使うときには工夫が必要になります。

 
似合うが見つかるパーソナルカラー診断メディア -iromina-